面照射 (エリア照射)
  • ある面積を均一に照射する照射器です。 積算照度 JW/cm2 を上げて均一な硬化をする場合に適しています。 たとえば積算照度 2000mJ 必要な場合は100mW/cm2 x 20秒照射と1000mW/cm2 x 2秒照射があります。 高照度では短時間の照射で硬化しますのでタクトを上げた生産ができます。 またサンプルの裏と表を硬化させたい場合などは、エリア照射の前にロボットに持たせたサンプルを一定秒数静止して硬化を行い、 その後ロボットが裏面をエリア照射器の前で停止して硬化させる方法もあります。
  • その反対で大きな異形の構造物の一部を硬化させたい場合などはエリア照射器をロボットに装着して照射器側が移動して硬化させる方法もあります。 用途としては光学部品の接着、ガスケットの硬化、UV硬化ゴムの硬化、車の部分防水ゴム硬化、ウエハーのテープ剥離建築用部材の防水材の硬化、など。

エリア照射型UV LED照射器 製作・納入例の一部(照射範囲の小さな方から列記)

UVX50x30 研究所などの実験用にスタンド取り付け例

UVA50D レンズの接着などに使用 均一性が高い

UVA50x50-365-210 レンズの接着などに使用

UVA50x50 精密光学部品の接着

UVA100x100 光学用UV硬化シリコン用

UVA80D 医療用機器の接着硬化用

UVA140x90 カメラケースの防水シリコン硬化用

UVA160x160 精密測定器部品硬化用

UVA135x210 自動車用UVシリコン硬化用

UVA320x400 特殊印刷物の乾燥硬化用

UVA500x500 有機EL関連の硬化用