UVLED照射器の選定方法と当社のモデルの特徴

当社はマイクロスコープの LED 照明技術で培った技術を UVLED 照射器の設計に生かし、お客様仕様に設計、製造いたします。仕様によりUVLED装置もお受けします。 UVLED照射器をお考えの方にどのようにUVLED照射器を選んだらいいのか簡単にご説明いたします。
  1. 波長を選ぶ

    UVLEDは基本UV-B, UV-A波長の単一波長です。波長としては285nm,300nm,310nm,365nm 385nm 395nm 405nmなどがあります。ただUV-Bにあたる285nm 300nm 310nmなどはまだ照度的には100mW/cm2程度と弱いためまだ一般的ではありません。 まず硬化させる材料がどの波長に感度を一番持っているかを知る必要があります。 材料メーカーに問い合わせるかテストするかです。 ランプの場合は色々な波長が混合しておりどの波長がその材料の硬化に寄与しているかわからない場合があります。UVLEDも波長の混合も仕様によりできますのでご相談ください。 当社ではデモ機の貸し出し、あるいは当社にて照射テストもできますのでお試しください。

  2. UV 照射方法を決める
    モデルと照度表
    型式特徴
    UVWX超高照度タイプ
    UVE通常ラインタイプ
    UVX高照度エリア、ラインタイプ
    UVA通常エリアタイプ

紫外線硬化(UV硬化)とは

紫外線硬化(UV硬化)とは、紫外線(UV)を紫外線硬化樹脂(UV硬化樹脂)に照射して短時間で硬化させる方法です。 紫外線硬化樹脂は、モノマー、オリゴマー、光重合開始剤と添加剤で構成されています。

紫外光(UV光)の照射を受けると光開始剤がモノマー(液体状態)からポリマー(固体状態)に変える化学反応を起こします。このことを光重合反応と呼びます。 この光重合反応により、硬化による乾燥、接着、塗装を行うことが出来ます。 紫外線を使用するので紫外線硬化、UV硬化などと呼ばれます。 同様に紫外線乾燥(UV乾燥)、紫外線接着(UV接着)、紫外線塗装(UV塗装)などと呼ばれます。 この紫外光は100~400nmの波長を持つ光線で、波長が短いほどエネルギーが高く、生体に対する破壊力を持ちます。波長の長さによって、さらにA,B,Cに分類されます。

  • UV-A 長波長紫外線 320~400nm
  • UV-B 中波長紫外線 280~320nm
  • UV-C 短波長紫外線 100~280nm

マイクロ・スクェア(株)の紫外線照射器(UVLED照射器)はUV-A UV-Bの範囲にある紫外線LED(UVLED)を搭載し、照射を行う装置です。

主な用途

乾燥
印刷(インクの乾燥、DVDのラベル乾燥)、電子部品の印字乾燥
接着
光学部品の接着、精密電子部品の接着、医療器具(注射針)の接着
塗装
成形品のコーティング乾燥、家具・床材の乾燥

マイクロスクェアはUVLEDをニーズに沿った配置と冷却構造を提案することにより用途に合ったUVLED照射器をご提供いたします。 1台からのカスタマイズから量産の対応まで幅広い用途で数多くの実績を誇っております。 一例を照射方法による違いでご紹介いたします。

特殊なUVLED照射器

押さえながらUVLED照射
内面の4辺をUVLED照射
4方向から線をUVLED照射
軽量手持ち広域UVLED照射
構造物の一部を連続照射